医療法人の「社員」の重要性を理解しよう

地方病院の理事長の夫が亡くなりました。出資持分は妻にどう属するという遺言書も残しています。ところが理事長は理事のうちのA氏が選任されました。多数決とは言うものの、持分をすべて持っている私にならないのは納得できません。

続きを読む

ペントハウスは節税になる?

最上階のペントハウス(ビルの最上階)に住み、それ以下の階は全て賃貸としてしました。小規模宅地の特例を使えば20%評価だと思っていたら、20%評価になるのは最上階のみで貸家部分は50%評価にしかならず、相続税をたくさん払う羽目になりました。平成22年改正をフォローしていなかったのが痛い・・・。

続きを読む

墓地や仏壇と相続

墓地や仏壇を購入して置けば、相続税がその分軽くなると思っていました。夫の死後に急いで購入しました。

続きを読む

確定申告をしないと損をする!

父が駐車場貸付事業を運営していましたが、大した儲かっていないからと申告していませんでした。先日、父が亡くなり、相続が発生しました。色々と相続財産があり、貸付用事業宅地の減額を受けるためには確定申告をしていなければならないということがわかりました。

続きを読む

親族間でも借地権があるので注意が必要

父の相続で土地は母が、長男である自分は建物を相続しました。母に地代を支払いました。そこで不動産所得の申告で母への支払地代を経費に計上し、母は地代収入を確定申告していました。先日、母がなくなり、相続税を申告しました。

続きを読む